眉毛を生やすにはニベアが効果的!?噂の出所と科学的根拠を徹底検証

普通ニベアといえば丸い青い缶に入っていて、ハンドクリームとして使ったり体のカサカサな部分に塗る、昔ながらのファミリーで使えるクリームという感じがしますよね。

最近では、お風呂で塗って洗い流すだけで潤いが得られるシャワーローションや、乾燥肌用の高保湿ボディーミルク、紫外線からダメージを受けた肌をケアする美白ボディーミルク、いろいろな香りの入ったフレグランスミルクなど、さまざまな種類のボディーケア商品が販売されています。

また、若い女性たちの間では、某高級美容クリームと成分が似ているということで注目されたりもしています。
でもニベアはやはり青缶のハンドクリーム、というイメージが一番強いです。

ところが、なんと、ニベアでまつげが伸びた! という情報があるんです。

ニベアでまつげが伸びたという情報が!?

その方法は、寝る前にまつげの生え際に、綿棒で丁寧にニベアを塗るという実にお手軽・簡単なもの。

これを続けていると、毛に元気が出てきて伸びてきたようだ、というのです。

まつげ育毛薬を塗っていたときより、ニベアを使い始めてからのほうがまつげが伸びた、という情報もあります。

しかし、なぜニベアで眉毛が生えたのでしょうか?

保湿すると眉毛が伸びる!?

まつげが伸びるんだから、眉毛も伸びるんじゃない? という疑問を持つ人もいるかもしれませんね。
眉毛を伸ばすためには、しっかり保湿をすることと、栄養をたっぷり与えることが大切です。

ニベアの成分を見てみると、保湿の成分が3分の2を占めます。
特に保湿効果の高いグリセリン・ホホバ油が豊富に含まれています。

グリセリンは水性、ホホバ油は油性の保湿成分で、この二つの成分により肌の水分を守り、うるおいを与えます。
また、そのうるおいをキープするために、ミネラルオイルやワセリンなどの肌にバリアをつくり、うるおいを保つ成分も含まれています。

それだけでなく、スクワランのような栄養成分も入っています。
ただワセリンなどのバリア成分を塗るだけでも保湿効果がありますが、ニベアを塗ることにより栄養を与えながら保湿することができるのです。

実際ニベア缶の裏には、「乾いた空気や冷たい外気から肌を守る」「スクワラン・ホホバ油が肌にうるおいを与える」「顔にも体にも全身のスキンケアに使える」と書いてありますので、保湿と栄養による育毛効果は期待できそうです。

美容のためにと顔にニベアを塗っていたら、今まで全く生えなかった眉頭にも眉毛が生え始めた、という情報もあります。

しかし、ニベアに育毛効果があるという科学的根拠はありません。

ニベアに育毛効果はない!?

配合されている成分にも育毛効果があるものはありません。

ニベアには油分も多いので、塗りすぎると毛穴を詰まらせてしまう危険もあり、そうなるとニキビができたり、かえって毛の発達を妨げてしまう恐れもあり、注意が必要です。
育毛のために使おうとして、逆の作用が出てしまうのは困りますよね。

確かに、適切に使えば保湿成分により肌の乾燥を防ぎ、メイクや外からの刺激によって傷ついたお肌に栄養を与える効果はあり、これらが育毛を助ける可能性は否定できません。

しかし、本当に眉毛を生やしたいのなら、育毛効果のある美容液を使う方が確実ですよね。
ニベアで生えたというのは、あくまでも手持ちのアイテムでなぜか生えたのがラッキーという意味で捉えたほうが良さそうです。

それに、最近では眉毛専用の美容液もあります。

眉毛専用の美容液が人気

ニベアも眉毛を伸ばす助けにはなりますが、何といっても効果的なのは眉毛専用の美容液です。

眉毛専用の美容液で特にオススメなのはマユライズです。

口コミでも話題のマユライズは、気になる部分だけをピンポイントでケアすることができる優れモノです。
マユライズには眉毛を生やす成分「加水分解卵殻膜」が沢山含まれており、眉毛を生やすだけでなく肌への潤いを与え、しわの予防にも効果があります。
匂いも少なく、眉毛も徐々に生えていくので周りの人にもばれずに使うことができるのもポイントです。

マユライズを公式サイトで詳しくみる

このページの先頭へ