眉毛を生やす美容液の種類と利点・効く理由について

眉毛を生やす美容液がいろいろ登場していますが、どんなものがあるのか、眉毛の育毛剤との違いは何なのか、眉毛専用の利点や効く理由は何なのかについてまとめました。

眉毛を生やす美容液はどんなものがある?

スカルプDボーテ ピュアフリーアイブロウ

育毛剤で有名なスカルプDから出ている眉毛用美容液。
強い眉毛に近付けるための「ピディオキシジル」や毛の成り立ちにアプローチする「キャピキシル」が配合されており、ナチュラルでハリ・コシのある美眉へ近づけてくれます。
また、オイルやシリコン、界面活性剤など6つのピュアフリー処方なので肌の弱い方でも安心して使うことができますね。

マユライズ

口コミでも話題のマユライズは、気になる部分だけをピンポイントでケアすることができる優れモノです。
マユライズには眉毛を生やす成分「加水分解卵殻膜」が沢山含まれており、眉毛を生やすだけでなく肌への潤いを与え、しわの予防にも効果があります。
匂いも少なく、眉毛も徐々に生えていくので周りの人にもばれずに使うことができるのもポイントです。

ビューティーラッシュ

全世界で200万本を達成したヒット商品のビューティーラッシュはまつげ美容液ですが、眉毛にも使用することができます。
パパイヤ果実エキスやブドウ種子エキスなどの自然由来のエキスなどの美容成分が配合されており、眉毛をケアしながら生やします。
洗顔後やお風呂上りに塗るだけなので簡単で手間が少ないのもうれしいですね。

眉毛を生やす美容液で眉毛が生える理由

眉毛を生やす美容液には沢山の成分が入っています。
効く成分として「グリチルリチン酸2K」などが挙げられます。
この「グリチルリチン酸2K」とは抗炎症作用や殺菌によって、皮膚の環境を良好に保つ効果があります。
眉毛を生やすことを阻害する要素を排除する事で、発毛の促進をサポートしてくれます。

眉毛を生やす育毛剤にはどんなものがある?

ルチア

眉毛だけでなく、まつげにも使える眉毛育毛剤です。
「グリチルリチン酸2K」によって発毛促進してくれるだけでなく、コラーゲンやビタミンEが配合されているので「潤い」「ハリツヤ」もアップします。
ホルモン剤は使用されていないので、副作用の心配もありません。

ペレウス

ドラッグストアで購入することができる眉毛育毛剤です。
第一類医薬品なので、購入する際は薬剤師から情報提供をしてもらう必要があります。
基本的に眉毛が短い、薄いなどといった悩みを解決してくれる商品の為、発毛促進の成分として「メチルテストステロン」が配合されています。
この「メチルテストステロン」は男性ホルモンの為、頭皮などには使わないよう注意が必要です。

ミクロゲンパスタ

こちらもドラッグストアで購入することができる眉毛育毛剤です。
男性ホルモンである二種類の「テストステロン」を主剤としており、まつげ・頭皮以外の毛を生やすことができます。

眉毛を生やす美容液を選ぶ利点は?

眉毛育毛剤はドラッグストアなどで手軽に買うことができる反面、「メチルテストステロン」や「テストステロン」などといった男性ホルモンを含んだ成分が配合されています。

この男性ホルモンはニキビ、肌荒れ、声枯れ、多毛、月経異常などの副作用が出ることがあります。

しかし、眉毛を生やす美容液には男性ホルモンが含まれていないため、ヒゲが濃くなったり、ニキビができるなどといった副作用がないことが最大のメリットです。

このように色々ありますが、今は専用の美容液の人気が高いです

眉毛専用の美容液が人気

まつげ美容液も眉毛を伸ばす助けにはなりますが、何といっても効果的なのは眉毛専用の美容液です。

眉毛専用の美容液で私が使ってみて特にオススメなのはマユライズです。

口コミでも話題のマユライズは、気になる部分だけをピンポイントでケアすることができる優れモノです。
マユライズには眉毛を生やす成分「加水分解卵殻膜」が沢山含まれており、眉毛を生やすだけでなく肌への潤いを与え、しわの予防にも効果があるそうです。

匂いも少なく、眉毛も徐々に生えていくので周りの人にもばれずに使うことができるのも良かったです。
まわりからも、前ほどヤンキー眉が気にならなくなったと言われました。

マユライズを公式サイトで詳しくみる

このページの先頭へ